中古車売却で相場より10万円upの裏技。まさかディーラーに・・・

今すぐ、トライトンの無料見積もりをチェック!!

【スポンサードリンク】

完全に海外輸出向け!

トライトン イメージ写真トライトンは国内ではアメリカ好きの方やピックアップトラック好きの方に好まれているが、一般的な需要はほとんどない。

したがって、現在の日本の中古車市場に持ち込んでも大きな価値を見出すことはできず、買取店での買取金額もそれほど高いものにはならないようだ。

国内でも最近ではピックアップトラック専門店なるものがあり、そこで売却するというのも手だが、やはり需要の高い海外向けに売るほうのがいい金額になるのだ。

そこでおすすめするのが、海外向けに輸出している買取店での売却で、無料一括査定サービスを利用すれば、わざわざ個々の買取店へ出向かなくても海外輸出向けとして車を売ることができるのだ。

海外輸出ルートを持った買取店なら、国内向けの買取店よりはるかに高い金額で売ることができるようだ。


走行距離は気にするな!

トライトンは国内より海外へ持っていた方が高く売れる車だ。

海外とっても北米エリアやアジアなどだが、そういったところでは日本の車というのはかなり信用されているようで、走行距離などの車の劣化の目安となるものをあまり気にしない傾向があるのだ。

日本では10万キロも走ってしまえば過走行車となり、いくら状態が良くても売却する時に価値が下がる。

しかし、海外では日本車という絶対的な信用があるため、走行距離による減額はほとんどない。

もし走行距離が進んでしまったトライトンを売却しようと思っているのであれば、何度もしつこいが、海外向けの買取店で売った方が高い金額になるのだ。

海外ではトライトンは絶対的な需要を持っているからだ。

この需要があれば、少しばかり走行距離が延びてもかなりいい金額になるということだ。


後期型が人気!

トライトン イメージ写真日本向けのトライトンは前期型と後期型に分けることができる。

その境目となるのが2010年に行われたマイナーチェンジだ。

このマイナーチェンジでは外観やアルミホイールなどのデザイン、インテリアのデザインなどが一新された。

それ以外にも細かいところがかなり変更されているのだが、一番の目玉となるのがエンジンパワーがアップしたことだ。

これはスロットルバルブを電子スロットルに変更したこと、ECU内の燃調マップや点火時期マップなどを変更したためで、パワーで8ps、トルクで0.8kgf・mほど向上したのだ。

車にとってパワーアップは最大のメリットであるため中古車市場でもこの後期型を求める声が多いのだ。

当然買取店での後期型を積極的に買い取ろうとするが、他にいかれないようにと高い売却金額を提示してくる。

前期型より後期型の方が高く売れるということだ。


今すぐ、トライトンの売却査定額を無料でチェック!!
中古車査定技能士マイスターの筆者が教える

トライトン 一括無料見積もり 攻略法!!

トライトンは、国内ではピックアップトラックの根強いファンがいるようだが、一般的な買取店ではそれほど需要はないようだ。

なので、少しでも高く売るなら、海外への輸出ルートを持っている買取店が狙い目だろう。

輸出に強い買取店なら、高額での売却にも期待が持てそうだ。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 公式サイト

「かんたん車査定ガイド」の最大の特徴は、入力してスグに概算の最高額もわかるというところだ!参加企業数は少ない感はあるが、ガリバー、ハナテン、カーチス、カーセブンなど、中古車買取業者としては、有名どころが厳選されているようだ。

また、「かんたん車査定ガイド」のサイトには、車の売却査定の基礎知識が豊富に載っているが、これが結構使えるのだ。登録が完了したら、じっくり目を通しておくといいだろう。

そして、「かんたん車査定ガイド」がイチオシの理由は、とにかく対応が親切丁寧という点だ。メールでの問い合わせに対しても、いつも迅速かつ丁寧に対応してくれて、気持ちいい。中古車を気持ちよく売却するためにも、こういう点は、要チェックすべき項目だ。

概算の売却額がスグにわかる!
【無料】かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較.com 公式サイト

「ズバット車買取比較」の魅力は、なんと言っても参加企業の多さだ。全国約170社以上もの企業が参加しているから、高額査定が期待できる。しかも、ガリバー、カーチスなどの大手はもちろん、地元密着の車買取業者まで参加しているのも特徴だ。

さらにさらに、ミニバン、輸入車、スポーツカーなど、それぞれの専門分野に特化しているところや、カスタムパーツの査定に強い改造車専門買取業者独自の流通ルートを持った買取業者もいるので、査定額が跳ね上がることも・・・

思わぬ高額査定を期待して、登録してみることをオススメする!

入力1分! 思わぬ高額査定が期待できる!
【無料】ズバット車買取比較の公式サイトはこちら

楽天オート

楽天オート公式サイト

「楽天オート」は、楽天会員なら査定申し込みや成約で、ポイントがもらえるからお得だ。売却が成立すると、なんと3000ポイントももらえるのだ。
いつも楽天で買い物を楽しんでいる、そんな楽天会員なら、「楽天オート」は絶対オススメ!下取りとの価格差が「平均10万円以上」と大々的にアピールしているだけあって、その自信のほどがうかがえる。

ただ、参加企業の中に業界最大手の「ガリバー」の名前がないのは致命的だ! そのため、「ガリバー」が参加している「かんたん車査定ガイド」や「ズバット車買取比較」をいっしょに登録しておくことをオススメする!

売却すると3000ポイントもらえる!
【無料】楽天オートの公式サイトはこちら

カービュー

カービュー 公式サイト

「カービュー」は、国産車・輸入車のほか、
なんと、トラックや商用車、水没車、事故車も売却可能!

正直、上記で紹介した無料一括査定サイトで充分ではあるが、違った顔ぶれの参加企業も若干あるので、さらに高額査定を狙うなら、登録してみてもいいだろう。

ただその分、売却業者とのやりとりが増えるので、多少面倒な部分もあるが・・・中古車を少しでも高く売却するために多少の努力を惜しまないなら、登録しておいてもいいだろう。

1円でも高く売却したいなら、ココも要チェック!
【無料】カービューの公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】
【コラム】このクルマをよく知らない方のための

トライトンって、こんなクルマ!!

三菱はかなり前から北米向けのピックアップトラックを作ってきた。

古くはフォルテ、そしてストラーダ、日本でも一時期まで発売していたが、日本にはピックアップトラックという自動車文化がないため、売れ行きがあまり良くないため、ストラーダの時代に国内販売をやめた。

しかし、ストラーダの後継モデルを作ったのをきっかけにまた日本でも販売することにした。

それがトライトンというモデルだ。

トライトンはSUT、スポーツユーティリティトラックとして作られている車だ。

SUTとは今流行りのSUVをよりピックアップトラック側に近づけたもので、アウトドアスポーツをするために使うピックアップのトラックのこと、日本ではおおざっぱにSUVとして片づけられてしまうが、ピックアップトラックの本場アメリカでは全く違う扱いをするようだ。

日本では2006年から2011年まで発売されており、国内向けのモデルに乗る人間の多い。

特にアメリカが好きな方にとっては今まで輸入車でフォード・エクスプローラーやシボレー・アバランチなどを購入しなければならなかったのが、国内にある三菱のディーラーで本場アメリカのピックアップトラックを買うことができるということで、ある方面では大人気となっていた。

用意されているボディは日本では4ドアのダブルキャブだけで、エンジンも3.5リッターV型6気筒エンジンのみが用意されている。

サスペンションはフロントはダブルウィッシュボーンとなっているがリヤサスペンションはピックアップトラックらしいリーフリジットが採用されている。

駆動方式はSUTらしい4WDでその構造にはパジェロにも採用されているパートタイム4WDベースのフルタイム4WDであるスーパーセレクト4WDが用いられている。

今すぐ、トライトンの売却査定額を無料でチェック!!

よく読まれているコンテンツ

トライトンを高く売っているヤツは、ほぼ確実にやっている
⇒ たった1つの方法とは!?
ディーラーがすべて、ダメな訳じゃない!?
⇒ 下取り額をアップさせる簡単な方法とは!?

【スポンサードリンク】