中古車売却で相場より10万円upの裏技。まさかディーラーに・・・

今すぐ、エコノラインの無料見積もりをチェック!!

【スポンサードリンク】

日本で一時期大ブームとなったミニバンですが、日本のものはワンボックスワゴンの派生モデルという形で作られているのですが、本国アメリカではその名の通り小さいバンとして作られていました。

そのバンというのは、日本でいう商用車ということではなく、多人数乗りの車のことをさしています。

フォードがそのバンとして昔から生産していたのがエコノラインという車です。

初代モデルは日本のワンボックスカーのようなキャブオーバー型の大型バンとして作られていたのですが、1968年に作られた2代目モデルからエンジンをフロントのボンネット内に収める形になり、現在のバンやミニバンと同じようなスタイルになりました。

アメリカのフルサイズミニバンは非常に大きいことから一時期にバニングブームによって注目を集めましたが、あまりにもボディサイズが大きいことからなかなか買うことができないという状況となっていました。


よく読まれているコンテンツ

エコノラインを高く売っているヤツは、ほぼ確実にやっている
⇒ たった1つの方法とは!?
ディーラーがすべて、ダメな訳じゃない!?
⇒ 下取り額をアップさせる簡単な方法とは!?

【スポンサードリンク】