中古車売却で相場より10万円upの裏技。まさかディーラーに・・・

今すぐ、アルテッツァの無料見積もりをチェック!!

【スポンサードリンク】

輸出経路を持つ買取店がいい

アルテッツァ イメージ写真アルテッツァはわずか7年しか発売されていなかった中型セダンモデルで、10年以上も前に生産終了になったモデルだ。

ここまで古いモデルとなると買取店での売却金額に不安を覚えるものだが、このアルテッツァは今でもそれなりにいい金額で買い取られているようだ。

その秘密は、海外での需要、海外と言っても北米ではレクサスのISシリーズとして販売されていたので除外するとしても、アジアやヨーロッパでは今でも人気の車となっているようだ。

アルテッツァを今の日本で高く売却するには、海外で売るための輸出経路を持っている買取店がいいだろう。

チェーン展開している買取店で一部そういったことを行っている買取店もあるが、中古車販売店でも海外輸出をしているところがあるので、そういったところをうまく利用したい。


チューニングマシンは評価が悪い

アルテッツァはモータースポーツのベース車両としても使われていたモデルなので、アルテッツァのチューニングマシンも多く存在する。

スポーツモデル専門店などではチューニングされている部分も評価してくれるのでいいのだが、アルテッツァに関してはそういった店舗でもノーマルの方が評価が高い。

なぜなら、アルテッツァはチューニングするうえで大きな爆弾を抱えているからだ。

それはトランスミッションデファレンシャルギヤだ。

どちらもドライブトレーンであるためチューニングなどでパワーアップされた場合、負担がモロにかかる。

ノーマルでもぎりぎりの容量しか持っていないことからこのパワーアップの負担を受け止められない。

チューニングモデルではしばしばトラブルが起きているので、買取店ではそう言った心配要素を良くは受け止めないのだ。

ちょっとしたオイルにじみでも大きなマイナス要素になるので、売る時はノーマルに戻すことを強くオススメしておこう!


レクサスISもどきは大きなマイナス

アルテッツァはまだレクサス店が北米にしかなかった時代にISシリーズとして販売されていたモデルだ。

エクステリアやインテリアに違いが付けられていたのだが、そのISシリーズのパーツを使って、アルテッツァでISもどきを作ることがアルテッツァオーナーの中で流行ったことがある。

これははっきり言って大きなマイナス、アルテッツァを中古車で買おうとしている人間はISもどきが欲しいのではなく、アルテッツァが欲しいのだ。

特に一般的な買取店ではそういったものを嫌う傾向がある。
なぜなら買う人が限られてしまうからだ。

もしこれから買取店で売却しようとしているアルテッツァがそういった形になっていたら、元のノーマル状態に戻しておくのが得策だろう!


アルテッツァ 売却価格 一覧表

年 式 グレード
(型式)
走行距離 ボディ
カラー
査定
社数
地域 売却額
(概算)
平成17年式
(2005年)
RS200 Z 65,000km
未満
5社 愛知 70 万円
H17年型 RS200 30,000km
未満
シルバー 5社 神奈川 135 万円
H17年型   15,000km
未満
2社 徳島 95 万円
平成15年式
(2003年)
RS200"Z_EDITION"
(MT_2.0)
60,000km
未満
5社 山梨 72 万円
H15年型 Zエディション 50,000km
未満
8社 愛知 100 万円
H15年型 RS200 SXE10 60,000km
未満
4社 高知 90 万円
平成14年式
(2002年)
GXE10-AEPVK(w) 50,000km
未満
シルバー 5社 京都 42 万円
H14年型 RS200 Zエディション 140,000km
未満
3社 佐賀 10 万円
H14年型 RS200"Z_EDITION"
(MT_2.0)
130,000km
未満
7社 埼玉 18 万円
H14年型 RS200"LIMITED"
(MT_2.0)
100,000km
未満
5社 愛知 30 万円
平成13年式
(2001年)
RS200 Zエディション 75,000km
未満
6社 愛知 45 万円
H13年型 RS200_Z_EDITION(MT) 80,000km
未満
3社 静岡 35 万円
H13年型 GH-SXE10 55,000km
未満
2社 千葉 20 万円
H13年型 RS200 (標準車) 55,000km
未満
6社 東京 40 万円
H13年型 RS200 Zエディション 85,000km
未満
5社 愛知 35 万円
H13年型 RS200 Zエディション 45,000km
未満
5社 東京 40 万円
H13年型 AS200 Zエディション 35,000km
未満
6社 大阪 32 万円
平成12年式(2000年) AS200 Zエディション 60,000km
未満
3社 兵庫 30 万円
H12年型 RS200 Zエディション 100,000km
未満
シルバー 3社 香川 20 万円
H12年型 RS200_L_EDITION(MT) 65,000km
未満
シルバー 2社 栃木 80 万円
H12年型 RS200 45,000km
未満
6社 千葉 26 万円
H12年型 RS200_Z_EDITION(MT) 100,000km
未満
シルバー 7社 埼玉 33 万円
H12年型 RS200 Zエディション 60,000km
未満
シルバー 3社 和歌山 23 万円
H12年型 AS200(MT) 85,000km
未満
シルバー 5社 神奈川 15 万円
H12年型 RS200_Z_EDITION(AT) 55,000km
未満
その他 5社 大阪 15 万円
H12年型 RS200_Z_EDITION(MT) 120,000km
未満
シルバー 5社 愛知 16 万円
平成11年式(1999年) RS200 Zエディション 80,000km
未満
シルバー 3社 北海道 21 万円
H11年型 RS200 Zエディション 60,000km
未満
6社 愛知 33 万円
H11年型 AS200 Zエディション 60,000km
未満
7社 埼玉 35 万円
H11年型 RS200 Zエディション 70,000km
未満
6社 千葉 35 万円
H11年型 RS Zエディション 30,000km
未満
シルバー 6社 大阪 60 万円
H11年型 RS200 Zエディション 120,000km
未満
5社 福岡 18 万円
H11年型 RS200 Zエディション 75,000km
未満
シルバー 6社 広島 27 万円
平成10年式(1998年) 2.0 RS200 Zエディション 85,000km
未満
シルバー 4社 島根 22 万円
H10年型 RS200 Zエディション 70,000km
未満
シルバー 7社 千葉 20 万円
H10年型 AS2000Zエディション 50,000km
未満
シルバー 3社 鳥取 17 万円
H10年型 RS200_Z_EDITION
(MT_2.0)
60,000km
未満
シルバー 6社 神奈川 70 万円
H10年型 RS200 Z 110,000km
未満
シルバー 6社 茨城 10 万円
H10年型 RS200_Z_EDITION
(AT_2.0)
75,000km
未満
シルバー 6社 神奈川 10 万円
今すぐ、アルテッツァの売却査定額を無料でチェック!!
中古車査定技能士マイスターの筆者が教える

アルテッツァ 一括無料見積もり 攻略法!!

海外でも大人気のアルテッツァ。
やはり、海外への売却を得意とする業者が気になるところだろう。

さっそく、無料見積もりがすぐわかる各無料一括査定サービスで、
アルテッツァ売却にふさわしいオススメ買取業者をピンポイントで紹介することにしよう。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 公式サイト

「かんたん車査定ガイド」の最大の特徴は、入力してスグに概算の最高額もわかるというところだ!参加企業数は少ない感はあるが、ガリバー、ハナテン、カーチス、カーセブンなど、中古車買取業者としては、有名どころが厳選されているようだ。

また、「かんたん車査定ガイド」のサイトには、車の売却査定の基礎知識が豊富に載っているが、これが結構使えるのだ。登録が完了したら、じっくり目を通しておくといいだろう。

そして、「かんたん車査定ガイド」がイチオシの理由は、とにかく対応が親切丁寧という点だ。メールでの問い合わせに対しても、いつも迅速かつ丁寧に対応してくれて、気持ちいい。中古車を気持ちよく売却するためにも、こういう点は、要チェックすべき項目だ。

概算の売却額がスグにわかる!
【無料】かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較.com 公式サイト

「ズバット車買取比較」の魅力は、なんと言っても参加企業の多さだ。全国約170社以上もの企業が参加しているから、高額査定が期待できる。しかも、ガリバー、カーチスなどの大手はもちろん、地元密着の車買取業者まで参加しているのも特徴だ。

さらにさらに、ミニバン、輸入車、スポーツカーなど、それぞれの専門分野に特化しているところや、カスタムパーツの査定に強い改造車専門買取業者独自の流通ルートを持った買取業者もいるので、査定額が跳ね上がることも・・・

思わぬ高額査定を期待して、登録してみることをオススメする!

入力1分! 思わぬ高額査定が期待できる!
【無料】ズバット車買取比較の公式サイトはこちら

楽天オート

楽天オート公式サイト

「楽天オート」は、楽天会員なら査定申し込みや成約で、ポイントがもらえるからお得だ。売却が成立すると、なんと3000ポイントももらえるのだ。
いつも楽天で買い物を楽しんでいる、そんな楽天会員なら、「楽天オート」は絶対オススメ!下取りとの価格差が「平均10万円以上」と大々的にアピールしているだけあって、その自信のほどがうかがえる。

ただ、参加企業の中に業界最大手の「ガリバー」の名前がないのは致命的だ! そのため、「ガリバー」が参加している「かんたん車査定ガイド」や「ズバット車買取比較」をいっしょに登録しておくことをオススメする!

売却すると3000ポイントもらえる!
【無料】楽天オートの公式サイトはこちら

カービュー

カービュー 公式サイト

「カービュー」は、国産車・輸入車のほか、
なんと、トラックや商用車、水没車、事故車も売却可能!

正直、上記で紹介した無料一括査定サイトで充分ではあるが、違った顔ぶれの参加企業も若干あるので、さらに高額査定を狙うなら、登録してみてもいいだろう。

ただその分、売却業者とのやりとりが増えるので、多少面倒な部分もあるが・・・中古車を少しでも高く売却するために多少の努力を惜しまないなら、登録しておいてもいいだろう。

1円でも高く売却したいなら、ココも要チェック!
【無料】カービューの公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】
【コラム】このクルマをよく知らない方のための

アルテッツァって、こんなクルマ!!

トヨタのアルテッツァはトヨタがまだ現役スポーツモデルをたくさん販売していた時代の車だ。

発売されたのは1998年、当初は当時トヨタになかった中型FRスポーティセダンを作るつもりで開発していたのだが、急遽北米にあるレクサスにて派生モデルを販売することになり、それに合わせてラグジュアリーな雰囲気を持たせることになったというちょっと中途半端なつくりをされたモデルだ。

当時では珍しかった非常に短いトランクフードを持つデザインを持っており、コンパクトな車でありながらも広いキャビンをもつものとなった。

エンジンは2リッターと一部3リッターがあり、2リッターエンジンは直列6気筒DOHC160psの1G-FE型と直列4気筒DOHC210psの3S-GE型が用意された。

3リッターエンジンはステーションワゴンモデルのジータだけの設定となっており、直列6気筒DOHC220psの2JZ-GE型が用意されていた。

トランスミッションは4速ATや5速ATのオートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが用意されていたが、販売されたセダンモデルのほとんどがマニュアルトランスミッションとなっていたようだ。

サスペンションは、贅沢なダブルウィッシュボーンを用いた四輪独立懸架でブレーキは大径ディスクローターに強力なブレーキキャリパーでかなり優れたストッピングパワーを持っていた。

2リッターNAエンジンを持つスポーツセダンとしてはかなり優れた性能を持っており、モータースポーツやチューニングベースモデルとして使われていたが、ドライブトレーンに脆弱性を持っていたのでしばしば故障することがあったようだ。

今すぐ、アルテッツァの売却査定額を無料でチェック!!

よく読まれているコンテンツ

アルテッツァを高く売っているヤツは、ほぼ確実にやっている
⇒ たった1つの方法とは!?
ディーラーがすべて、ダメな訳じゃない!?
⇒ 下取り額をアップさせる簡単な方法とは!?

【スポンサードリンク】